ブレーキフルードの交換時期はいつすれば?

ブレーキフルードの交換時期ですが、
知恵袋などのQ&Aサイトなどを見ると、人によって色々な意見があるので
かえって悩んだりしますよね。
今、問題なく使えているなら、わざわざ交換しなくてもいいなんて思ったり。。。

 

 

そもそも、ブレーキフルードとは何でしょうか?
ブレーキフルードとは、ブレーキを踏んだことを、ブレーキ本体に伝える役目を持つものです。
その役目が果たされないということは、
ブレーキが使えないということを意味します。
ちょっと想像しただけでも怖いですよね。

 

 

なぜ、ブレーキフルードが使えなくなるかというと、
ブレーキフルードが、熱などが原因で気体になってしまうから。(ベーハーロック現象=ブレーキが使えない)
最初の段階では、205度程度が沸点とされるブレーキフルードも、
ちょっと水分を含んだだけで、すぐに150度に沸点は下がってしまう。
実は、ブレーキフルードは、吸湿性が高いから、
空気中の水分を吸い込んでしまうのです。
つまり、時間の経過とともに、沸点が下がり気体になりやすいというワケ。

 

 

それを考えていくと問題がなかったとしても、
車検のタイミングをブレーキフルードの交換時期としておくのがベストでしょう。

 

 

>>車の寿命?買い替えるときには出来るだけ高く車を売りたいなら

 

 

古い車 買取

ブレーキフルードの交換時期はいつすれば?関連ページ

ラジエター液交換はどれくらいで必要かな???
ラジエター液の交換はどれくらいで行うのでしょうか?一般的には新車で3年、以降2年と言われてますが、今は長寿命のタイプも出てきています。適切な時期に交換、また整備費用を抑えるために交換しなかった場合でも、早めの交換がクルマの能力を維持するために必要ですよ。
ATF交換|CVTF交換時期はいつすればいい?
ATF交換やCVTF交換時期はいつすればいいのか素人判断は難しいところ、愛車にぴったりなタイミングを確認して無理のないカーライフを送って下さいね。
車のエアクリーナー 交換時期はいつすれば?
車のエアクリーナーは、なかなか自分だと交換時期を実感できないパーツです。しかし、詰まってくると燃費も悪くなるのできちんと交換時期には注意したい。