車買い替え時期 自動車税が面倒になる?

自動車税ですが、買い替え時期がたまたま3月だと少々し面倒なことにな
る可能性があるのです。

 

車買い替え時期,自動車税

 

基本的に自動車税は4月1日時点の所有者に払込請求書が送付されます。
が、
3月に買い替えをした場合、締日に猶予など無いお役所の手続上4月をまたいでしまう場合が結構あります。

 

 

3月に車を買い替えた為場合、今は売却済みであっても、
今まで乗っていた車の自動車税の納付書と今回新たに購入した車の納付書の両方が届く可能性があります。

 

 

最終的にはダブルで支払いすることはないと思いますが、
立替払後の精算手続きなどあとあと面倒になるケースですので、
もし買い替え時期が3月中になるようでしたら、大抵は販売店から言ってきますが、
もし何も言ってこないようであれば、購入前にディーラーや販売店に確認しておいたほうがよいでしょう。

 

 

最後にオークションや個人間のいわゆる業者を通さない「個人間取引」ですが、
名義変更、売却金額や輸送費の細かい計算を双方でするまでは良いのですが、
自動車税の処理方法につての話し合いを結構忘れしまうケースがあります。

 

 

3月期の譲渡となれば旧所有者に払込票が送付される可能性があります。
それに気づいた旧所有者が急いで、譲渡先へ連絡するも取引終了したという事で支払いに応じなかったり、
すでに転居され連絡自体とれないケースさえあるのです。

 

3月でなくとも「使用期間についての税案分」後々を持ちかけようにも取引が終了した段階ではトラブルの原因にもなるので、
こういった個人間取引においては特に注意が必要です。

 

 

⇒車の買い替えの時の査定でトクするには?

車買い替え時期 自動車税が面倒になる?関連ページ

車買い替え時期は、年落ちする前に、がポイント!
車の買い替えを考えている方にとって、一つ把握しておきたいのが年末です。年をまたぐことによって、下取り車にとっては、年落ちという評価になるからです。