中古車買取で勝者になるための交渉術

買取査定の場では、手の内を見せたら「負け」です。
キツネとタヌキの化かし合いではありませんが、
買取店は出来るだけ安く買いたい!
私達、売る側は出来るだけ高く売りたい!のですから、
同じ歩調にしようったって、土台無理な話です。

 

 

目指す方向が真逆なんですから、
正直に話したって上手くいくわけがありません。

 

 

あ、これは決してタカビーな態度で攻めろ!
なんて話をしてるわけではありませんよ。
買取店のスタッフも人間、
反感を買うような態度で接して、得することは何もありません。

 

 

あくまで、丁寧な態度で譲れない部分は主張を通すスタイルです。

 

 

まず、中古車買取で車を売るときには
1社だけで査定をするのは、ダメです。
というのも、出来るだけ安く買って利益をとりたいのが買取店なので、
相手が相場も知らず、競い合うライバル店もない状態で
最大限の買取額は、まず出してくることはないからです。

 

 

何店舗かで査定をしてみると
ネット査定で申込みすると複数の買取店がピックアップされるので簡単です)
だいたいの相場・限度額が掴めてくるはずです。
このときに、希望額は言わないことがポイントです。
希望額はいくらですか?
などは必ず聞かれますが、出来るだけ高く売れる金額で決めたい、と言って
話をにごしましょう。
こちらの手の内を見せないことが、交渉で優位にたつには必須です。
今日決めてもらえれば○○円で、買取できます!など言われても
金額だけを頭にインプットして、即決はしないことです。

 

 

そして、何店舗かで査定を受け、あなたの車の大まかな限度額がつかめてきたら、いよいよ限度額をベースに交渉に入ります。
これは、電話でもOKですよ。

 

 

限度額であろう金額を提示してきた店舗以外に連絡を取り
それ以上の買取額になるのかどうか?を聞いてみます。

 

 

最初の見積りでは、まだ乗せられる余力が各買取り店ともあるはずなので
ほぼ、買取額を上乗せしてくると思います。
それを繰り返し、最初に限度額を提示した店舗も含めて交渉していくと、最終的に、あなたの車を限度額で買取させることができるはずです。 

 

 

 

 

 

 

勝者になるための車売却時の交渉術関連ページ

下取り額で損しないための交渉方法
車を下取りに出す場合、下取り額が少なくて不満を感じている方、相手ペースの商談ではなく、こちらに有利になるように話を持っていきましょう。下取り額で損しないための交渉方法をお話ししています。