下取り額で損しないための交渉方法

中古車買取,札幌市,下取り額,交渉方法

車の乗り換えでは、主な車の売却は二択!
車を購入するディーラーで下取りするか?
専門店に買取を依頼するか?になると思います。

 

 

いざ、ご自身が車を乗り換える場合、
どのように車を売ればいいか悩むと思いますが、
最初の段階では、特に決めなくてもいいでしょう。
どちらに?ではなく、
あなたが得する方に、売ればいいからです。

 

 

一般的な傾向として、
車買取店の方が、市場の人気などもダイレクトに反映することが出来たり、
高額で査定をすることが多いのですが、
ディーラーだと、納車されるまでの期間、
下取り車に乗り続けていられたり、手続きが一か所で済んだりと
メリットもあります。

 

 

査定額については、
新車の値引きを安くして、下取り額を高くするなど調整をかけているので、
結局は、安くなることが多いのがディーラーですが、
どうしても、車の販売台数を上げたいときなどは、
下取り額を上乗せしてくる店舗もあるので、
まずは、買取専門店と比較して決めるというスタンスでいいでしょう。

 

 

買取専門店とディーラーの査定額の比較方法ですが、
ディーラーでは、まず新車の値引きについて商談をして、
いくら位、値引きが出来るかが決まってから、
下取り車の話を持ちだすなどして、
車の値引き額と下取り額を、べつべつに出してもらいましょう。
そうすることで、純粋に買取店の査定額と比較もしやすくなります。

 

 

納車まで時間がかかるような車種の場合には、
友人に車を売るかも知れないから等と言って、
下取りするなら○○円で。など、見積り書などに一筆書いてもらうことです。

 

その上で、納車が近づいてきたら
再度、車買取店で査定をかけて、
両社を比べて、より高い査定額を出しているほうに売ればいいでしょう。

 

基本的に買取店は、近々で車を売る場合の査定額を出します。
実際に車を手放すのが、何か月も先という場合には、実際に売るタイミングで
査定をしないと正確な額がわかりません。
ただ、初回ディーラーに行く前に、
ネット査定などで、愛車の相場を掴んでおかないと下取り車が高い・安いなど
判断が付きにくいので、相場感を掴んでおくために見積もってもらうことは必要です。
もしくは、納車まで一時車がなくても大丈夫なライフスタイルなら、
高額な査定がついたら、そこで売るのも手ですよ。

 

 

 

中古車買取で損しないためには?

下取り額で損しないための交渉方法関連ページ

勝者になるための車売却時の交渉術
中古車買取で高く愛車を売るための交渉とは、まず手の内を見せない事、丁寧な態度でしっかりと価格交渉をしていく事です。