新車と中古車

新車と中古車

増税や景気の影響もあり、車離れが騒がれて久しい昨今ですが、それでも車を購入したいという人はいるはずです。
お金さえあれば、ぜひとも手に入れたいという人も多いでしょう。
車を買うと決めたら、どんな車を買うのか決めなければなりません。
車種は色々ありますが、それ以前に、新車なのか、中古車なのか、という点です。

 

 

車は決して小さな買い物ではありませんので、新車を買うべきか、中古車を買うべきか迷うことがあるでしょう。
まず、選択肢の問題を考えてみましょう。

 

 

新車のほうが色々な種類の車から選べるように思いますが、実際には逆です。
中古車のほうが、選べる車の数は多いと言われているのです。

 

 

車は高価なものですから、受注生産と言って、ほぼ在庫を抱えなくてすむような仕組みがとられています。
つまり、古い車を新車で手に入れるということはとても難しいのです。
新車を買う際は、発売されたばかりの少ないレパートリーの中から選択しなければならないのです。

 

 

その点、中古車ではそんなことはありません。
中古車を売った人の数だけ、売られた車があるのです。
お気に入りの一台を探す楽しみもあることでしょう。
今、所持している中古車を売って、新車を購入したいという人もいます。
会うたびに車が変わっているという車好きの友人が周りにいるかもしれません。
車は、単なる移動手段に留まらず、ファッションとしての側面もありますから、売買を繰り返して市場を活性化させているところもあります。

 

 

 

 

>>>トップページ

新車と中古車関連ページ

輸入車の値引き交渉術は?
輸入車の値引き、見逃せないポイントがありますよ。