ミニバン市場はどうなってる?2014年後半戦

ミニバン市場

新車販売台数で、コンパクトカーの次に売れている車といえばミニバン!
これから2015年にかけて、各社のメインモデルが世代交代をしていく流れになっているので、買い替えを検討している方にも嬉しいニュースが続くハズです。

 

 

今年発売されたヴォクシー・ノアは変わらずの人気っぷりを発揮していますが、
10月末に発売されたワンクラス上の兄弟車である「エスクァイア」
5ナンバーサイズでちょっとした上質感を感じさせるこのモデルを入れると、トヨタのシェアは、ミニバン市場6割を超える予想が立てられます。

 

 

そして、年があけると早々に同じくトヨタから、待望のヴェルファイア・アルファードがフルモデルチェンジ。
ホンダからは、ストリーム、ステップワゴンが一新され、当面はトヨタとホンダがミニバン界をリードしていく流れになりそう。

 

 

エコな流れが続き、ハイブリッドカーが各モデルの半分以上を占めているのも興味深いですね。

 

 

 

>>>トップページ